楽天CFD<差金決済取引>

「CFD」とは、”Contract for Difference(差金決済取引)”の略で、株式や指数、商品をFXのようなスキームで取引が出来る投資商品の一つです。
楽天証券では、グローバル投資への注目が高まる中「楽天CFD」サービスを開始しました。

「楽天 CFD」の最大の魅力は”豊富な投資対象”にあります。株価指数先物、注目を集める金、銀、原油や軽油といった商品、長期国債先物などから、厳選された銘柄を対象とした「個別株CFD」です。

米国株式はもちろん、海外ETFや中国株式までの約400本と豊富に取り揃えています。レバレッジは最大5倍から10倍!さらに、売りポジションを保持する事が出来るため、下落相場でも利益のチャンスあり。

<楽天CFDのメリット>
●大手ネット証券で唯一、米国、中国個別株式、海外ETFのCFDを取扱っています。個別株のレバレッジは5倍、少額からの投資が可能。
●株価指数CFD(指数CFD、指数先物CFD)、商品CFD、債券先物CFDなど、取引対象が広範囲。
●指数等を対象としたCFDの取引手数料は0円の業界最低水準。
※取引にあたっては、売付価格と買付価格の差(スプレッド)がかかります。
●楽天ならではの充実したサポート。モバイル取引にも対応。

「楽天CFD」サービスは、2013年2月2日(土)をもって終了しています。



Posted by rakuraku